産後において自己処理の注意点

産後のムダ毛処理について

産後の女性
産後は、妊娠前と比較して肌が敏感な状態になります。

なぜなら、妊娠前の女性は女性ホルモンの割合が多いですが、産後だと女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなるからです。

特に、妊娠中は胎児の体に女性ホルモンが行き渡るので、妊娠中から産後にかけて女性ホルモンの割合が減ります。

そのため、産後はホルモンバランスが乱れるので、肌が紫外線や外部からの刺激を受けやすくなります。

よって、産後に脱毛施設に通って脱毛を受けても、肌に照射される光やレーザーによって肌が火傷になりやすいです。

その上、ホルモンバランスの乱れにより毛根細胞が機能していない状態なので、光やレーザーが毛根部分に反応しにくくなります。

産後はムダ毛を自己処理で対処するのが基本

なので、ホルモンバランスが乱れている状態となる産後は、ムダ毛を自己処理で対処するのが基本となります。

とはいえ、産後は肌が敏感なので毛抜きによる自己処理を施すと、毛を抜くことで毛穴を広げます。

さらに、毛を抜く際に毛が途中で抜けることもあるので、皮膚の中に毛が残る可能性が高いのでニキビや黒ずみになりやすくなります。

よって、産後に自己処理によってムダ毛処理する場合は、毛抜きのように毛を抜く処理を避けるのが肌にとって安全となります。

けれども、電動シェーバーであれば毛抜きと違って毛穴を広げるリスクがなく、毛が抜けないことで毛が皮膚の中で成長することもなくなります。

さらに、女性用の電動シェーバーが存在するので、産後の敏感な肌でも傷つけるリスクを極力抑えてムダ毛処理することが可能となります。

ただし、電動シェーバーの注意点として、刃の衛生面に気をつけないと肌を余計に傷つけたり、毛に汚れが移る原因となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*