脱毛コラム

埋没毛への正しい知識を知ろう

埋没毛と呼ばれる肌トラブル

埋没毛について考える女性
格安で気軽に行える自己処理における脱毛では、埋没毛と呼ばれる肌トラブルが発生する確率が高いです。
皮膚をカミソリで想像以上に刺激させるなど、主な原因は皮膚の内部にある神経への刺激が関係しています。
また毛が生える方向とは逆に剃ることも肌へ大きなダメージを引き起こす原因につながり、痒みが出たり赤い吹き出物が目立つなどトラブルを増やす内容へと発展します。ゆえに埋没毛は傷ついた皮膚を補うことで皮膚の奥へ入る現象であることから、皮膚の呼吸を整える環境を優先させる意識が必要となってきます。

埋没毛は放置しておくことが重要

埋没毛を発見したら、とにかく放置しておくことが一番大事です。なぜなら皮膚への過度な刺激はばい菌を増殖させることにつながり、より悪化させることがあり得るからです。そのため吹き出物に似た盛り上がりが起きて、自然と破けたときに毛を取り出すことが一番簡単に取り出す方法であるため、その症状が起きるまではとにかく我慢することが大事です。毛を抜く習慣が普段からある方は、埋没毛の存在を注意しておくことが大切となります。

埋没毛の正しい知識の吸収が不可欠

頻繁に埋没毛ができてしまう人は、お金に余裕があれば脱毛サロンなどを利用することが最良です。プロによる肌トラブルを防ぐ方法を採用すれば、スベスベかつ美しい地肌が手に入ります。
女性の美しさを得るには、正しい知識の吸収が不可欠です。

産後において自己処理の注意点

産後のムダ毛処理について

産後の女性
産後は、妊娠前と比較して肌が敏感な状態になります。

なぜなら、妊娠前の女性は女性ホルモンの割合が多いですが、産後だと女性ホルモンより男性ホルモンの割合が多くなるからです。

特に、妊娠中は胎児の体に女性ホルモンが行き渡るので、妊娠中から産後にかけて女性ホルモンの割合が減ります。

そのため、産後はホルモンバランスが乱れるので、肌が紫外線や外部からの刺激を受けやすくなります。

よって、産後に脱毛施設に通って脱毛を受けても、肌に照射される光やレーザーによって肌が火傷になりやすいです。

その上、ホルモンバランスの乱れにより毛根細胞が機能していない状態なので、光やレーザーが毛根部分に反応しにくくなります。

産後はムダ毛を自己処理で対処するのが基本

なので、ホルモンバランスが乱れている状態となる産後は、ムダ毛を自己処理で対処するのが基本となります。

とはいえ、産後は肌が敏感なので毛抜きによる自己処理を施すと、毛を抜くことで毛穴を広げます。

さらに、毛を抜く際に毛が途中で抜けることもあるので、皮膚の中に毛が残る可能性が高いのでニキビや黒ずみになりやすくなります。

よって、産後に自己処理によってムダ毛処理する場合は、毛抜きのように毛を抜く処理を避けるのが肌にとって安全となります。

けれども、電動シェーバーであれば毛抜きと違って毛穴を広げるリスクがなく、毛が抜けないことで毛が皮膚の中で成長することもなくなります。

さらに、女性用の電動シェーバーが存在するので、産後の敏感な肌でも傷つけるリスクを極力抑えてムダ毛処理することが可能となります。

ただし、電動シェーバーの注意点として、刃の衛生面に気をつけないと肌を余計に傷つけたり、毛に汚れが移る原因となります。

ワキガになる原因と脱毛施設で脱毛を受けることでワキガが改善される理由について

脱毛でワキガを改善

ワキガが気になる女性
脇にあるアポクリン腺から出る汗は、水分だけでなく脂質や糖質を含みます。

けれども、塩分が含まれないのでアポクリン腺から出る汗は粘り気が強いです。

また、エクリン汗腺から出る汗は一般の汗であり、アポクリン腺から出る汗と混じることでワキガの原因を招く形になります。

つまり、普段から汗を多くかく人ほどワキガになりやすくなります。

他にも、脇毛に雑菌が繁殖するほどワキガの臭いが強まることになるので、脇毛が長い人もワキガに悩まされやすいです。

けれども、脇毛が短くても生活習慣が乱れていると、ワキガになることもあります。

なぜなら、不規則な生活習慣により、脇を清潔に保ってもワキガの臭いが強く出ることがあるからです。

生活習慣の改善により、ワキガの臭いを抑えることができる場合は、脱毛施設で脱毛を受けるよりワキガの臭いを早く抑えることができることもあります。

脇を清潔な状態に保つことが重要

とはいえ、生活習慣を見直しても脇毛が生えなくなることはないので、ワキガを確実に治すなら脱毛施設に通うのがお勧めです。

それは、ワキガになり始めた人であれば、サロンに通うことでワキガの臭いを抑えることができるからです。

ちなみに、サロンよりワキガの臭いを治す効果を高める場合は、クリニックに通って脱毛を受けるのが最善になります。

クリニックでの脱毛は、サロンと違って医療機関でのみ使える脱毛器具を扱うので、サロンよりワキガの改善効果が高いです。

また、脱毛施設での脱毛を受けるほど脇毛が生えにくくなる状態となるので、脇を清潔な状態に保てるのでワキガの臭いを抑えることが可能となります。

自分に合った方法を選ぶのが重要となるアンダーヘアの脱毛について

アンダーヘアの脱毛方法

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛を18歳未満の人が行う場合は、剃刀や電動シェーバーを使って自己処理を施すのが費用面においてもお勧めとなります。

その上、アンダーヘアを剃って自己処理する際は、やり方さえ間違えなければ肌のトラブルを抑えつつ肌に与える刺激を減らすこともできます。

けれども、肌が乾燥したまま剃刀や電動シェーバーを使うと、肌にダメージを与えることになります。

他にも、抑毛剤を使ってアンダーヘアを脱毛する方法も適しています。

一方、毛抜きや脱毛ワックスによるアンダーヘアの脱毛は、18歳未満の人が行うと肌に赤いぶつぶつができることになります。

さらに、脱毛を施した箇所が赤く腫れることになるので、毛を抜いてアンダーヘアを処理するのは避けたほうが無難となります。

脱毛サロンなどの施設を利用する

また、アンダーヘアの自己処理から開放されたい人であれば、自己処理より脱毛サロンや美容クリニックといった施設に通うのがお勧めになります。

けれども、施設を利用する際は行く時間と利用するための費用が必要となるので、利用を検討するのが重要となります。

そして、施設を利用するならば通う予定である施設の口コミや評価を予め調べるのが重要となります。

なぜなら、店舗のことを知ることでスタッフの態度や脱毛効果の高さを知ることができるので、自分に合った施設を選べるからです。

そのため、アンダーヘアの脱毛を施設で施してもらう場合は、下準備を済ませてから通うのがアンダーヘアの脱毛で失敗しないポイントとなります。